西洋占星術とは

エネルギーの分析

西洋占星術(アストロロジー)は、はるか古代バビロニアの時代から活用されつづけてきました。古代ギリシャでは、占星術に精通しているということが、学者になる必須条件でした。それゆえ、当時の学者たちは皆、占星術学者だったということがわかっています。

 

生年月日、出生時刻と出生地から計算した太陽系の代表的な星の配置を図にしたものをホロスコープ、またはバースチャートと呼びます。ホロスコープ上の各星の位置関係を分析すると、その人が持って生まれた資質や人生の傾向を把握することができます。

 

地球はたえまなく宇宙からの影響を受けています。月が潮の満ち引きに大きな影響を与えている事実はいうまでもありません。太陽がなければ、地球に生物は存在しません。そして私たち人間は、地球人であり、地球の一部です。その人間という地球の生き物にも、太陽系システムのエネルギーが影響していることはとても自然なことなのです。

 

バイオリズムというものがありますが、生年月日を元に身体、感情、知性の浮き沈みをグラフにしています。やはりこの場合も太陽、火星、月、金星、水星の周期からみえる個人への影響を表しているのです。

雑誌のホロスコープが「当たらない」理由

惑星、星々は、それぞれの軌道をそれぞれの速度で、黄道帯を周っています。同じ日の全く同じ時刻の、さらに同じ場所で生まれたのではない限り、全く同一の星の配置図は存在しません。それゆえ、私たちは、だれもが「この世に唯一無二の存在として生まれてきている」と言えるのです。

 

雑誌のホロスコープは、12の太陽星座別に予想しています。太陽星座とは、生まれた日の太陽の位置で決まる星座のことで、一般的に「〇〇座生まれ」と呼ばれるものです。たとえば、1965年生まれの人でも、2000年生まれの人でも、5月10日が誕生日であれば、雑誌のホロスコープでは、同じおうし座のグループになります。これだけでも、わかる傾向はたくさんありますが、個人の傾向としては、おおよそすぎる点が多くなります。太陽が同じ星座の中にあっても、両者のチャートに見える他の星は全く違う位置にあるからです。

 

例えば、「◯月に出会いがある可能性が高まる」と書いてあっても、それは、太陽だけをみた場合にいえる傾向であって、それぞれのホロスコープにある月や金星などの他の星がどのように並んでいるかによって変わってくるのです。それゆえ、個人の人生の傾向を知るには、プロの占星術鑑定家に分析を依頼する方が確かな方法だといえます。

西洋占星術は「当たる」のか「当たらない」のか?

現在では、アメリカ、ロシア、フランスの天文観測所が計算したデータを使用することにより、より精密なホロスコープの作成が可能です。その結果、個人の人生について、過去、現在、未来において想像を超えるほど多くの情報を得ることができます。

 

しかし、これらの情報は、未来を「言い当てる」ものではありません。あくまでも、宇宙から地球に届くエネルギーの傾向を分析したものなのです。ある分野で「成功のチャンスが高まる」ということはいえても、「必ず成功する」とはいえないのです。宇宙から届くエネルギーがいくら好条件であったとしても、最終的にそれを使うか使わないかは、その方の意思のみに委ねられます。すばらしい材料が目の前に全て揃っていたとしても、それらを使って「作るという行動」を起こさない限り、材料は材料のままです。宇宙エネルギーはその材料の一つに過ぎず、具体的な形になるためには、あくまでも「意思」と「行動」が必要になるのです。それゆえ、西洋占星術を「当たる、当たらない」という白黒の基準で捉えた場合、「当たらなかった」、つまり実際には「エネルギーを使わなかった」という状況も起こり得るのです。

 

私たち人間は、自分で考え、決断し、行動するためにこの世に生まれてきています。西洋占星術は、この過程をより楽に前進するためのサポートと言えるでしょう。理想の人生に近づいてゆくためのツールとして大いに活用すべきものだと、ABLASは考えています。


ABLAS星解析

ABLAS星解析スクール

ABLAS アストロロジースクール(A BETTER LIFE ASTROLOGY SCHOOL)は、フランス人のローラン・ルグランが1982年に始めた西洋占星術の学校です。通信教育を中心とし、セミナー 、星解析カウンセリングをフランス、カナダ、オーストラリアで開催してきました。インターネットの発展にともなって、ローランの傾向予想動画がフランス語圏の国々で広く支持されるようになり、スクールの特徴であるABLASメソッドが多くの人に受け入られるようになりました。

 

2013年から、星解析と心理セラピーを組みあわたホロスコープセラピーでのカウンセリング、セミナーも開催し、さらに効果的な星解析の使い方を提案しています。現在では、プロの星解析士の育成とABLASメソッドの普及にも力を注いでいます。

 

ABLASは、名前の通り、星の情報を、占いの域を超えて「よりよい人生を送るためのツール」として実用的に活用することを提案しています。それゆえ、従来の「西洋占星術」という、総じて誤解を招きやすい用語を、原語訳そのままの「アストロロジー」、または、思い切って「星解析」という言葉に置き換えて、お伝えしていくことにしました。

私どもは「よりよい人生」とは、必ずしも社会の基準に合わせたものではなく、「ひとりひとりにぴったりと合った、この世にたった一つの人生」であると考えています。理想の人生実現のために、前向きに一歩一歩前進しようとされている方のサポートを喜びとして活動しています。    

実用性を追求したABLASメソッド

ローラン・ルグランは、アストロロジー(西洋占星術)に出会って以来、これまで2万人以上の星を分析してきました。その豊富な経験は、やがて独自のABLASメソッドの開発につながってゆきました。

 

アストロロジーは、1万年以上かけて、文明から文明へと受け継がれる間に様々な流派に分かれてゆきました。ローランも最初は伝統的な手法を使っていましたが、長年のあいだ、疑問に感じていたことがありました。星の配分方法についてでした。1998年、ある日、不思議な夢をみたことからアイデアが浮かびます。彼はこれが答えだと直感します。

 

以来、伝統的手法を常に頭の片隅に置きながら、この新しい手法を慎重に採用し始めます。そして徐々に、この全く新しい星の配分法の信頼性に確信を持ち始めます。

 

この新しい星の配分方法は、ABLASメソッドの最大の特徴です。

さらに、この発見だけにとどまらず、その後も、ABLASの探求は続きます。年間予想の方法にも独自のメソッドを使い、細かな日程を割り出すことにも成功しています。誰もがなるほどと実感できる、実用性の高い、現代人のための西洋占星術、それがABLASメソッドです。